GLOF SALON by Tsunesumi Mitsutaka

100を切る為のラウンド戦術

2018.12.27

image

100を切れない人は、なぜ毎回100を打ってしまうのだろうか・・・という自己分析を行う人は、少ないかと思います。
毎回のラウンドで同じようなミスを犯して撃沈するケースの方が殆どで、なぜ大叩きしてしまうのかと言う根源を見つけ、改善すれば100切りは、決して難しくありません。

そこで、110アベレージのAさん(仮想)の会話の中で、4つのキーワードに100切り戦術の答えがあります。

Aさん:昨日、会社の先輩とゴルフに行ったんだけど、115回も叩いてしまったよ。先輩は、90台でまわるので色々と教えてくれるのですが、お前、ずいぶんと右を向いて構えているぞ。と言われました。自分では全く気がつかなくて・・・それと、狭いホールでのティーショットで3回連続OBしてしまって参ったよ。

挙句の果てには、バンカーで4回も叩いてしまって大叩きだよ。
グリーン上も傾斜が強かったのもあるけど、4パット、5パットは、当たり前で45パットも打ってしまい、上がってみれば115回だったよ。

※この会話の中から細かく分析していきます。

1.アライメン トを見直す!!

100切りしているゴルファーでも多くのショットのミスは、アドレスの向きが狂っていることが殆どです。
プロゴルファーでもキャディ―が後方から毎回、確認するくらい大切なことです。極端に右を向いたり、左を向いたりすることで、良いスイングをしていても軌道が狂いやすく安定性に欠けます。
そこで、アドレスを見直せばナイスショットの確率が数倍あがります。

スタンス幅とボールとの距離

スタンスの幅は、肩幅よりやや広めでボールの位置は、左カカト線上か、ボールひとつ内側にセット。

ボールとの距離 身長165cm=114cm 170cm=116cm 175cm=118cm
スタンス幅 身長165cm=45cm 170cm=47cm 175cm=49cm (数値は、あくまで目安です)

前傾角度とグリップ位置

前傾角度も常に一定になるように心掛けます。理想数値は、30~35度。
グリップの位置は、前傾ポジションからダラリと腕を垂らした位置です。

スクエアスタンス

アドレスでは、常に両肩、両腿、両膝、足のラインが平行になるように。
目の前にガラスの板を想定して、ターゲットに対してスクエアに構えられるようにします。

※上記の項目を見直すことにより、目標に対してスクエアに構えることが出来るのでいつものスイングでフェアウェイキープ率が50%以上になります。

2. OBを減らす!!

大叩きホールが出てしまう理由として、OBを連発することが多く考えられます。OBを打つ理由は、幾つかのことが重なって起きますが最大の理由は、アドレスに入る手順(プレショットルーティーン)が毎回バラバラの可能性があります。ティーを刺しボールをセットしてから、テークバックに入る瞬間までの動作をリズム良く、一定に行うことが出来ればOBは、激減します。
また、左右OBや、ハザードが多い難しいホールでは、ドライバーを持たずに自分の得意クラブ(FWやUTなど)を選択してショットすることにより無理のないスイングが可能となりOBを回避することが出来ます。

プレショットルーティーンの手順

  1. ボールの後方から目標を確認し近くに目安となるスパットを見つけ、それに対して打ち出しの角度を合わせます。
  2. 両手をグリップしたままアドレスに入る方が多いですが、左右を大きく向かない為にも右手でクラブを持ち、半身の状態からクラブフェースとスタンスラインを目標にセットします。
  3. 飛球線に対して両肩、両腿、両膝、足のラインが平行になるように構えます。特に両肩の向きに注意を払います。
  4. 最後に左手を添えて構えたら、2,3回ワッグルをします。再度目標を見てから始動に入ります。

3. バンカーを一発脱出!!

なかなか日頃、練習が出来ないのがバンカーショットです。一般的には、普段コースに行った時にしか、経験をしない為、バンカーを苦手とする方が多いのが現状です。そこで、バンカー1発脱出の手順を教えます。

オープンスタンスにしすぎない

極端にオープンに構えてアウトサイド~インに打つ方が居ますが、そうするとフェースが開き過ぎてボールの下をくぐり過ぎて余計、脱出できません。

L字~L字をつくる

ボールに対してクラブヘッドを鋭角的に入れることにより、ボールの下にヘッドが入り込み砂の爆発でボールが上がります。その為には、出来るだけ早めに左手首とシャフトで出来るL字をつくり、フォローでもL字をつくることによりV字軌道が描かれ、鋭角的に打つことが出来ます。

左手グリップをウィークグリップに握る

グリップは、人それぞれですが、左手グリップを手の腹で握り、フェースを開かずに構えることにより、自然とバンスを使うことが可能となり、砂を爆発させるエクスプロージョンショットを打つことが出来ます。

4. スリーパット撲滅

月1ゴルファーの方は、特にパターの感覚が鈍く、距離感や方向性が合わない方が多いかと思います。圧倒的に練習量がショットに比べると少ない為、3パットが多くなり100切りを妨げます。
そこで、パター3原則を守ることによりラウンドで36パット(30パット)を切れるようになり5~6打は、簡単に縮めることが可能となります。

スタンス・振り幅で距離感をつくる

ロングパットになるほどノ-カンと言われるとんでもない距離の誤差が出ます。この距離感を作る手段として、カップからボールの位置まで歩測を行い、その歩数によりスタンス幅と振り幅で打ち分けます。

※ストロークの大きさは、バックスイング1のフォロー2で1:2の法則で打ちます。

打ち出し方向を合わせる

ストレートラインの場合、アドレスで大きく狂わなければ、そんなに横の距離感が狂うことは少ないですが、スライスライン&フックラインの場合は、曲がり幅の頂点に打ち出さなければラインから大きく外れて3パットの可能性が高くなります。そこで、曲がり幅の頂点に打ち出し、ラインに乗せるために、アドレス時にボールのロゴラインを曲がり幅の頂点に合わせ、そこに直線的に打ち出すイメージでスタンス、フェース面を合わせることで(曲線をイメージする)ラインに乗り易くなり、自然と距離感も合ってきます。

また、フックラインは、カップの右から、スライスラインは、カップの左に(プロライン)強く打てるように心掛けることにより、カップインの確率が上がります。
アマラインと言われる曲がり幅の手前に外すミスをなくすように心掛けます。

3方向チェック

一定のルーティーンを行い、アドレスに入るかと思いますが、必ず3方向から見るようにします。

  1. ボールの後方
  2. カップからボール方向
  3. ボールとカップの中間地点からカップ

最低限、この3か所から見ることによりラインと傾斜の度合いが分かるので、大きなミスを避けることが可能となり、カップインの確率が上がり、3パットも防ぐことが出来ます。

online_store
online_store
online_store
online_store