GLOF SALON by Tsunesumi Mitsutaka

骨盤プレーン理論

2018.12.11

image

ゴルフスイングは、前傾するスポーツであることから、如何に軸ブレせずにスイング出来るかで、パフォーマンスが変わって来ます。

しかし人間の頭の重さは、体重の役8パーセントと言われており、個人差はありますが80㎏の私は、約6キロ強の頭を支えて生活していることと言えます。

この頭の重さを支えながら前傾姿勢を変えずにスイングをしなければいけないことを考えるだけで、ゴルフスイングが如何に難しいことかが分かります。
ここで、スイングのパフォーマンスに大きく影響するのが骨盤プレーンの安定です!!

骨盤プレーンとは・・・

ゴルフスイングにおける骨盤の動き方を示し、ミスの二大要素であるハンドアップとトゥ―ダウンに直結するので正しい骨盤の動かし方を身につけることで飛距離アップや安定性を向上することが出来る。
後方からトップの右腰骨の位置がダウンスイング~インパクトにかけて、変わらずに動くかどうかがポイントとなります。

① インサイドイン

インパクトゾーンで骨盤角度が変わりにくく右腰骨がアドレスの位置から変わることなくインインへと動く。
骨盤が浮かないので手元も低く動き、体の近くを通過する理想的な骨盤プレーン。

② インサイドアウト

アドレス時の右腰骨の位置よりダウンスイングで前方を通りながら浮いて行く典型的な骨盤浮きスイング(トゥーダウン誘発プレーン)腰が水平に動いてしまう。
右カカトの蹴りも早く上体も起き上がる。

③ アウトサイドイン

アドレス時の右腰骨の位置よりダウンスイングで前方を通りながら浮いて行く典型的な骨盤浮きスイング(トゥーダウン誘発プレーン)腰が水平に動いてしまう。
右カカトの蹴りも早く上体も起き上がる。

④ アウトサイドアウト

アドレスで既に骨盤が起きており、ダウンスイングでは、アドレス時の右腰骨位置よりアウトを動きインパクト後もインサイドに回転せずに飛球線方向に動く(骨盤角度が終始起きており、右足のカカトが最も早く上がるタイプ)トゥーダウンアッパー軌道。

右脳派と左脳派によるスイングパフォーマンスの変化

両手を組むことにより利き脳が分かりスイングパフォーマンスに大きく影響する。
特にインパクトの頭の残し方や振り幅などが左右されるため、ショートゲームに大きな変化を与えることが多い。

右脳派・・・右親指が下になり感覚でものを捕らえる

パターでは、右手の感覚がとても大切となり、ロングパットなどでは、カップを見てストロークすると距離感が合う。
アプローチでも振り幅に捕らわれず、見た目の感覚で距離をコントロールする意識を持ちインパクトでは、頭を残さずに目線を目標方向に早めに向けることで距離感が出る。

左脳派・・・右親指が上になり論理的のものを捕らえる

パターでは、左腕がものさしとなり振り幅とスタンス幅で距離感をつくる。
インパクトでは、頭を残し、歩測をしっかり行うことで距離感がつくられる。
アプローチでも左腕が主となり、距離によりスイング幅をしっかりつくり、左腕リードで距離感を出して行くと良い。

アウターマッスル派&左脳派(右脳派)

インパクト頭残しタイプ

インナーマッスル派&右脳派(左脳派)

インパクトルックアップタイプ

online_store
online_store
online_store
online_store